はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

断捨離しすぎにはしる季節

ここのところ仕事が年度末で追われていることや、
子供たちの進級やスポ小・部活のことなどで考える事が多く、
頭の中がいろんな考え事でパンパンに膨れ上がっている毎日。

そのパンパンな脳から少しでも余分なものを排除するかのように、
週末に掃除をしながら、家の中のいろんな物を捨てています。

捨てられる物を探して

もともとあまり物を持つことが好きではなく、
スッキリ暮らしたいという私ですので、
我が家は物が少ない方です。

それでも何か捨てるものはないか、
使っていない物はないか、
部屋中を見回しながらスキャンしながら歩く週末。

私の断捨離は少しやりすぎかなぁと思うこともあるのですが、
でも捨て去ってしまいたいんです。

おもちゃ箱の断捨離

そんなある日子供たちのおもちゃ箱の整理をしました。
定期的にいらない物を捨てさせたりしているのに
どうしてすぐにおもちゃが許容量を超えて溢れてくるのでしょう(>人<;)

子供たちが成長して、
もう遊んでいないもの
この先も絶対これで遊ばないでしょというおもちゃ
それらを全部捨てました。

それらが入っていた箱も、
使うところがないので捨てることにしました↓
やっと埋立ゴミの日がきた٩( ᐛ )و
f:id:kaco_nikki:20190313133423j:image

いらなくなったぬいぐるみは、
ゴミとして捨てるのは気が引けてしまい、
寄付するなどの手段を今考えています↓

www.ehaiki.jp


 強引にでも部屋をスッキリさせたいこの季節。

一番スッキリさせたいのは、
自分の頭の中なんだと薄々感じている日々です(°▽°)