はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

試合の中で成長していく

f:id:kaco_nikki:20190308130936j:plain
日曜日、娘のバスケの試合の応援に行ってきました。前日から遠征で遠く離れた県外に行っていた娘。泊まりでは付き添えなかった私は、2日目に日帰りで応援に行ってきました。

 

代替わりして現5年生を頭としてスタートした新チーム。5年生の部員が少ないため、4年生ながら実質ナンバー2のポジションにいる娘。

 

遠征1日目はコーチに相当きつく言われたらしく、試合の合間の空き時間は、娘は1人で体育座りで狭いところにハマってずっと何かを考えていたそうです。チームメイトも誰も寄せ付けないオーラを出しながら、ジッとしていたらしい娘。

 

でも丸1日ぶりに見た娘は、結構元気そうでした。お母さんに会えた嬉しさを、はにかんで隠そうとしてるようにも見えました(*´꒳`*)

 

娘は頑張ってコート内で走っていました。付かれるマークも厳しくなって、脚にアザもたくさん出来ていたね。怪我には気をつけようね(*´-`)

 

無事に遠征から家に帰ってきて、娘とお風呂に入りながら遠征の話を聞きました。

 

母「1人でハマってどんなこと考えていたの?」

娘「試合中どうすればいいんだろう?って。自分で積極的にいくしかないかと決意したんだ。」

 

本当は娘にとっては1年早い今のポジション。でもちゃんと自分で考えて歩み出す方向を見つけ出してる。すごいなぁって( ´∀`)

 

そしてコーチ曰く1日目より動きがよくなったのは、きっとお母さんに良いところを見せてくれようとしたんだよね。

ありがとう娘よ(*´∇`*)