はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

日本製は素晴らしい。9月1日ランドセル寄付の受付が始まってました

ランドセル第二の活用法


小学生のランドセル、6年間使い終わった後、
寄付することができるのを知っていますか?

我が家の息子のランドセル。
『ランドセルは海を越えて』という本を読んで、
ジョイセフに寄付することにしました。


寄付で集められたランドセルは、
アフガニスタンに贈られ、現地の子供たちが使うそうです。
日本のランドセルは高価な良い物なので、
とても丈夫で、長持ちするんだそうです。


6年間愛用したランドセルをどうしたいか、
小学校卒業後に息子と話し合い、判断は本人に任せました。

①そのまま家で保存でも良し
②ペンケースなどにリメイクしてもらうのも良し
③寄付するも良し

息子は寄付したいと言いました。
「俺のランドセルが第二の人生を歩く!」
となんだか、感慨深そうでした(*‘∀‘)(*‘∀‘)

寄付の流れ

ランドセル寄付の流れはこうです

①1,800円の海外輸送経費をコンビニやクレジットカードで払う
②ランドセルを箱に入れて、HP記載の指定倉庫に送る

※1,800円とランドセルの送料はかかってしまいます。
※ランドセルを送れる期間が決まっています
 現在の期間:2018年9月1日(日)~10月31日(水)

詳しくはこちらのサイトに載っています↓

www.joicfp.or.jp

 

日本の良い物


先日たまたまテレビを見ていたら、
日本の電車車両が、役目を終えた後、
インドネシアで整備しなおされ、
そこでまた、電車として再利用されているのを見ました。


ランドセルや電車など、
日本製の質の良い物が、第2の人生を送りながら、
今日も世界のどこかで、愛用されているといいな♪