はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

遠く離れた地でユニバーサル・スタジオ・ジャパンの匂い

f:id:kaco_nikki:20181217082856j:image

毎朝私は洗濯物を干しながら、
2階にある洗濯物の部屋の換気をします。
外に霜が降りていようが、窓が凍りつくような寒い日でも、
数分間空気の入れ替えをするのが日課です。

そんな部屋の換気中に、娘がその部屋に来ると、
「ひやぁ~!換気中だぁぁぁ」と寒さに大騒ぎしながら、
暖房の付いている暖かい部屋に逃げ帰ります。


外の匂い

今朝も娘はタイミング悪く、
換気中にその部屋に来てしまったのです。

でも今日は少し寒さも和らいでいたせいか、
娘はそのまま開いている窓の方へ行ったんです。

すると娘、
「外がUSJの匂いがする♪」
と言いました。

私が住む地域は、
USJユニバーサル・スタジオ・ジャパン)から遥か遠く離れた地域です。
USJの匂いが漂って来るわけもなく。。

母も、娘が言う匂いがどんな匂いなのかと、
外の匂いを嗅いでみました。くんくん。。
すると、

遠く離れた場所に旅行に行って、
旅先で朝早く外に出た時の、いつもと違う匂いというか。
旅行に行った時の匂いがなんとなくしました。

今年の3月に、息子の小学校卒業のお祝いに、
一度だけUSJに家族で行ったことがあります。
きっと娘にとって、今朝の外の匂いが、
その時の匂いの思い出に重なるんだと思います。

五感で生きる

子供たちってすごいなぁって思います。
娘も息子も匂いの話をよくしてくれます。

娘のバスケの子たちも、
いつもみんなで一緒にいるから、
お互いが発してる匂いがよく分かるらしく、
「これ誰の忘れ物ー?」
ってなった時も、みんな匂いで確認して、
「〇〇のだ!」ってなります。(犬か!!)

大人でも匂いフェチの方もいると思いますが、
子供のように五感をフル活用して毎日を過ごせたら、
なんだか見える景色がまた違ったものになるのかな
なんて感じた朝でした。

匂いの話、最後まで読んでいただきありがとうございました♪