はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

学校の図書館の思い出なんですか?

最近読んだ『図書室のキリギリス』著 竹内真

高校の図書室が舞台。
司書の資格を持たない主人公詩織が、
高校の図書館司書になり、
本を通して、生徒や先生、
周囲の人たちと関わっていくお話。 

 

図書室の思い出なんですか

私の図書室の一番の思い出は、
小学校の図書室。

私が小学校の時好んでいた本は、
エイズとか、薬物とか、
タバコを吸った身体はどうなるのか。
そんな本を読み漁っていました。

ちょっと変わった子ですね。。

きっと怖い物見たさで
読んでたのだろうな。。

それらの本が置いてあった本棚の景色、
記憶の中にうっすら残っています。

図書室と言ったらそれを思い出します。

みなさんの図書室の思い出は何ですか?

本が繋がって

さて、
『図書室のキリギリス』の本の話。

著者は、
本がたくさん出てくるお話を書いてみたかったと、
その言葉通り、たくさんの実在の本が出てきます。

ハリーポッターと賢者の石』
『モーフィー時計の午前零時』
ヒカルの碁
八犬伝
『からすのパンやさん』
刑務所のリタ・ヘイワース
一部抜粋でまだまだ出てきす。

これらの本たちがうまく絡んで、
ストーリーを展開させていきます。

私は、
また読んでみたい本が増えました。

本を読んでると、こうやって、
次に読んでみたい本
前読んだ本にこんなこと書いてあったな
とか、いろんなことが連鎖していくのが本当に楽しいです。


そんな読書の素晴らしさを感じさせてくれる、
楽しいハートフルな本でした。