はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

迎え盆の日は子供たちがいない寂しい夜になりました

f:id:kaco_nikki:20180814090818j:plain

迎え盆

私が住む地域では、8月13日~16日をお盆とし、

その間ご先祖様の霊が親族のもとへ戻るといわれます。

昨日13日は、迎え盆でした。

 

親族と夫の実家のお墓へ行き、

その後ワラを燃やして、出た煙でご先祖様を呼ぶ行事をしました。

 

夫の実家はお寺なので、

義母と甥や姪・義姉・義妹たちと、

お仏壇の前で経本を各自持ってお経をあげました。

 

息子は経本を逆から開いてしまい、

みんながどこを読んでるかついていけずに大騒ぎしてました。。

我が子2人と甥姪、子どもたちは総勢6人!

みんなで読むお経は、たどたどしいけどなんか心が洗われる気がします。

 

いとこたちと。

その後はみんなで、

てんぷらやお刺身・オードブルなどのごちそうを食べました。

 

子供たちは久々にいとこ全員が集まったから、

もうずっと遊びに夢中でした。

小学生と中には中学生もいるのですが、まだまだ仲良しの6人組です。

もう少し成長してくると、恥じらいも出てくるのかな。。

 

遊びが盛り上がった子供たち。

「今日はお寺にみんなで泊まる!」と言い出し、

親たちは大急ぎで布団や歯ブラシなどを用意しました。
(お寺は広いので、寝る部屋はたくさんあります)

 

寂しい親たち

私は夫と家に帰り、すぐに寝たわけですが、

子供たちがいない家は静かでとっても寂しいです。

 

今年のお盆は、

そんな寂しい気持ちから始まってしまいました。。

 

子供たち早く帰っておいで ♪

 

読んでいただきありがとうございました。