はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

『あなたの話はなぜ通じないのか』ブログ脳にも使えると思いました!

f:id:kaco_nikki:20180811162618j:plain

ブログと小論文は通じる

著者山田ズーニー氏は、進研ゼミの小論文編集長として、

高校生の膨大な量の小論文を読んで研究し、

小論文メソッドというものを開発したそうです。

 

小論文を書いたり日常の会話のなかで、

人とより通じ合う話し方の技法を紹介してくれるのですが、

私にとってはこの本、ブログを書く上でとても参考になるなぁと感じました。

バイブルにしたいです!

 

ある質問に対して、自分の近いところから答えを出していく

難しくて、少し答えを考えてしまうような質問をされたとき、

自分に近い問いから洗い出していき、最後に質問の答えにたどりつくというもの。

 

 例えば、「命について考えなさい」

と質問されたとき、広義過ぎて答えに迷ってしまいます。

 それを手の届きそうな質問を、自分の中でどんどん出していきます。

 

●自分の身近にある命を感じるものは何か?→子供たち・飼ってるペット

●命があるとどんなことができるか→おいしいものを食べられる。喜びを感じる

 

こんな風に、自分の近くから突破口を見つけていくと

最後の大きな質問の答えを導き出す突破口が開けてくるといいます。

 

ブログを書く時でも、日常の中でも、

近いところから自分に問い続けること、

それが大切なんですね。

 

そして、とにかく多くの問いを見つける習慣を作るそうです!

 

「問い」の視野を広げるのは3つの軸

 f:id:kaco_nikki:20180811162537j:plain

問いの視野を広げるとき、この3軸で考えるといいそうです。 

過去→現在→未来へとつづく「歴史軸」

身の周り→日本→世界へとつづく「世界軸」

自分とは→人間とはとつづく「人間軸」

 

なかなか、練習が必要そうですが、

慣れてくれば、もっと視野が広がってくるのかな。

 

ブログを書いてく上で

ブログを書く時、ネタに困ってしまう私ですが、

一つの事に対して、3軸を使っていろんな問いを出しながら考えていけたら、

もっと多角的な視野でブログを書いていけるんじゃないかと思います。

広い視野とたくさんの問いをする。

私にとっての永遠の課題です。。 

 

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)