はっさくミカン

まだまだ成長したい思いと、子供たちと過ごす時間の中での気づきを綴っています

怒鳴ってばかりの私の姿に「ママかわいい」って娘が言ってくれた

あの時のことを私は一生忘れない

娘が5歳くらいの時、

私は気が狂ったんじゃないかと思うくらい、いつも娘をガミガミ怒ってた。

 

娘がなかなか言うことを聞いてくれないのもあったし、

私も常にいろんなストレスにイライラしていたのかも。

 

私はいっぱい怒鳴りつけて、娘を泣かせたかったのかもしれない。

でも娘は私の顔を見ながら泣きもせず、嵐が過ぎるのをいつも待ってるだけで。

 

ある時娘に聞いたんです。

 

「お母さんに怒られてる間、いつもどんなこと考えてるの?」と。。

 

すると娘は、

 

「ママかわいいって思ってる♪」

 

 

 

なんと!!?

 

か、かわいいと!?

 

 

私この時の衝撃はきっと一生忘れません。

 

「かわいい」とは容姿の事を言ってくれてる?←だったら、すごくうれしいし。

 

「ママったら怒っちゃってかわいい」的な!?←なんか娘に上から見られてるかも。。

 

怒ることはとっても疲れます

怒るのって本当に疲れるし、

自分が発してる罵声が耳から直に身体に入ってきて、

毒素が体内に回って落ち込むし。

娘をイライラ怒ったあと、いつもそんな自己嫌悪に陥っていた。

 

でもこうやってガミガミ怒っても、

ただ私が疲れて落ち込むだけで、

娘には私が言いたいことが、

全然伝わってないんじゃないかと気づいたんです。

 

怒り方・叱り方

この件があってから、

私は子供たちにガミガミ言うのをやめました。

気分や体調でイライラしちゃう時もあるけど、

勢いや大きい声で怒るんじゃなく、なるべく諭すように、

「母はこうして欲しいと思ってる。」と子供たちに話すように心がけてます。

 

もし怒りたくなってきたとしても、

また娘は「ママかわいい」とか考えるんだろうなって思うと、

怒りのメーターも一気に下がってしまいます。

 

あれは娘の作戦だったのか??

5歳の娘にそんな知恵があったかどうか。。

でもなんかいい作戦ですよね!

 

作戦大成功なのでは!!娘ちゃん ♪♪

f:id:kaco_nikki:20180810144619j:plain