はっさくミカン

子育て・仕事・おうちのこと 今しかない時間の日々の気づきを綴っています

読書

人間らしく・生き物らしく考える。教科書が読めない子供たちのAIとの共存はどうなる?

子供たちの読解力が落ちている 『AI vs 教科書が読めない子どもたち』を読みました。 AI vs.教科書が読めない子どもたち posted with ヨメレバ 新井 紀子 東洋経済新報社 2018年02月02日 楽天ブックス Amazon Kindle 衝撃を抱えて読了。この先、子供達の将…

【貯信時代】信用をお金に換金する時代が加速中 子供達にも変化に対応する力を持って欲しい

キングコングの西野さんの『新世界』を読みました。お笑い芸人→絵本作家→国内最大級のオンラインサロンのオーナーと幅広い分野で活躍している西野さん。バッシングを受けている噂など聞いことがあったけど、この本を読んで、私はすっかり西野さんのファンに…

【読書】主婦が起こした巨額横領事件 映画化された『紙の月』がおもしろかった

角田光代さんの『紙の月』を読みました。読みながらどんどんのめり込んで、本当に面白かったです!この作品は、2014年に宮沢りえさん主演で映画化もされました。私は映画は見たことがないのですが、主人公を宮沢りえさんのイメージでずっと読めました。<あ…

【読み聞かせ】実物大のどうぶつの世界 おすすめです!

週末に小学4年の娘のクラスに、絵本の読み聞かせに行ってきました。娘の学校では、毎週金曜日の朝、読み聞かせの時間が設けてあって、保護者が当番で好きな絵本を選んで、子供たちに読んで聞かせます。今回私が選んだのは写真の2冊。『世界のどうぶつ絵本』…

テーブル下のホットカーペット 足裏じんわり温かくなります

だんだんと寒さが増してきて、今年もホットカーペットを出す時期になりました。みんなでご飯を食べるテーブルの足元。毎年スース―寒くて、家族に温かいお食事ライフを!と去年購入したものです↓ 広電(KODEN) フローリング調 電気マット(はっ水加工) テーブル…

疲労回復に⇒ 栄養ドリンク?ニンニク料理?正解は【イミダペプチドです!!】『すべての疲労は脳が原因』

今日は昨日の続き。 身体に感じてる疲労は、脳の自律神経の中枢が疲労しているという話。 www.kacoblog.com 疲労しないため、または疲労回復に、質の良い睡眠が大切だと実感しています。今日は疲労に効く食事の話↓↓ 脳疲労の改善に『イミダペプチド』 すべて…

『すべての疲労は脳が原因』自律神経の疲労を意識したいな

今日は息子の部活の大会と、娘の金管クラブの送迎等があり、母は朝から行ったり来たり(>_<)いまは、ほんの一時の休憩中。。最近、目が回りそうな忙しさや、年齢のせいもあるのでしょうか。車の運転が、なんだか不安になってしまう時があります。気を付けなけ…

学校の図書館の思い出なんですか?

最近読んだ『図書室のキリギリス』著 竹内真↓ 図書室のキリギリス (双葉文庫) posted with ヨメレバ 竹内 真 双葉社 2015-09-10 Amazon Kindle 楽天ブックス 高校の図書室が舞台。司書の資格を持たない主人公詩織が、高校の図書館司書になり、本を通して、生…

バイオレンスが苦手 でも主人公のどん底の行方を見たくて

例えば映画やドラマなど、任侠ものと言うのでしょうか。暴力団組織を描いた内容の作品。私は、そういった作品の、バイオレンスなシーンや描写がとても苦手で、洋画も戦争のシーンなどは目を背けてしまいます。血が流れるシーンや暴力的なシーンがダメなんで…

新しいお財布を買ったらやると良い『儀式』のはなし

こちらは、今私が使っている長財布。半年ほど前に購入しました。私がいつも愛読している、『ハピコ』さんという方のブログ。節約や貯金のことについて、とても勉強になるブログです。 tanoshiku2014.com 今回お財布を新調した際、ハピコさんも実践していると…

みんな こんなリアルを過ごしているかな『きみの友だち』重松清著

あの頃の切ない気持ちが、えぐり出されます 以前、現役の高校司書の方が、講演会の中でおすすめしていて、ずっと気になっていた本。その時の司書の方は、生徒たちに「一番泣ける本はどれ?」と聞かれると、いつもこの本を薦めるんだそう。私が読んでみて感想…

柑橘の皮で思い出す『妊娠カレンダー』小川洋子著

輪切りがかわいい柑橘類 レモンが家にたくさんあったので、レモンのはちみつ漬けを作りました。簡単においしく作れて、甘酸っぱくて。お湯に入れてはちみつレモンにして飲んだり、プレーンヨーグルトに乗せたり、もちろんそのまま食べたり♪柑橘類の輪切りの…

雨で家に引きこもり ヒットメーカーを読んだ

小学校運動会、順延となってしまいました 昨日開催を予定していた小学校の運動会、記事を投稿した後、雨がたくさん降り出してきてしまい、結局10月2日(火)に延期となってしまいました。雨は一度振り出したら、その後はかなりの降水量が続いていて、運動会や…

『手放すほど、豊かになる』禅の思想から真似したいのは「呼吸と歩き」

『手放すほど、豊かになる』 この本の著者、枡野俊明(しゅんみょう)さんは、曹洞宗の住職。禅の思想や考え方から、物に対しても生き方でも、「執着しない・解き放つ」をテーマに、豊かな暮らしになる方法を、本の中で教えてくれています。ミニマムな暮らし…

オーラってなんだろうの話

オーラがある人 先日YouTubeを見ていたら、ある動画の中で、干場さん(男性)という人が語っていた、オーラのある人の話がとても印象的でした。干場さんが考える、オーラのある人の『オーラ』とは、「何色ものレイヤのようなものだ」と語っていました。 七色…

脳を共有するブログ

読書の背景に流れる空間 「自分がもし溶けたら本だけが残る」と語る、『読書の腕前』の著者の岡崎武志さん。学生時代学校の成績は、かなり落ちこぼれだったけど、本だけはとにかく読んだそう。漫画・文学・小説・探偵、あらゆるジャンルの本を読み、その知識…

剣道姿の父を無性に思い出しました

誉田哲也著『武士道ジェネレーション』 この『武士道ジェネレーション』、誉田哲也という人が書く武士道シリーズの、4作目で完結編。今までずっとシリーズで読んできて、この完結編は、正直読みたくありませんでした。。(/o\)大好きなシリーズだったので、…

『ねこはすごい』の本を読んで感じたこと。ねこはすごい!!

私はネコのここが好きです 『ねこはすごい』という本を読みました↓ ねこはすごい (朝日新書) posted with ヨメレバ 山根明弘 朝日新聞出版 2016-02-12 Amazon Kindle 楽天ブックス みなさんはネコが好きですか?いきなりですが、私がネコの好きなところは2つ…

何年たっても心に残るキャッチコピーはある意味衝撃的『キャッチコピー力の基本』を読んで。

名キャッチコピーは色褪せない 『キャッチコピー力の基本』という本を読みました↓ キャッチコピー力の基本 posted with ヨメレバ 川上 徹也 日本実業出版社 2010-07-23 Amazon Kindle 楽天ブックス この本の中で、人の心に一瞬で届く名キャッチコピーその作…

ネガティブの極みフランツ・カフカ「絶望しているときは、絶望の言葉が必要」それでいいと思いました

ネガティブを代表する作家『カフカ』 カフカはネガティブです。カフカは自身のことを、虫けらのように思っていたそうです(;・∀・)フランツ・カフカオーストリアの小説家で、20世紀最大の作家と称されることもあるそうです。そんなカフカが、生きてる間に記し…

日本製は素晴らしい。9月1日ランドセル寄付の受付が始まってました

ランドセル第二の活用法 小学生のランドセル、6年間使い終わった後、寄付することができるのを知っていますか?我が家の息子のランドセル。『ランドセルは海を越えて』という本を読んで、ジョイセフに寄付することにしました。 ランドセルは海を越えて (シリ…

元受刑者のシェアハウス『プラージュ』私たちの当たり前は、ちっとも当たり前じゃなかった

元受刑者たちのシェアハウス 誉田哲也という人が書いた『プラージュ』を読みました。この本は、元受刑者たちが共同で暮らすシェアハウスの話。「プラージュ」とはフランス語で「海辺」という意味だそうです。 プラージュ(海辺)海と陸との境界線。曖昧に揺…

「革命」の真っただ中を生きてる。今起きているパワーシフトを実感しながら過ごしたい

革命の中を過ごしてる 先日も書いた、ちきりんの『未来の働き方を考えよう』の本。↓ 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる posted with カエレバ ちきりん 文藝春秋 2013-06-12 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング この本の中でちきりんさんは、今…

ちきりんさんの仕事の考え方が好きです『未来の働き方を考えよう』

ちきりんさん ちきりんさんをご存知ですか?証券会社やアメリカの外資系企業でバリバリ働いたあと退職。現在は執筆活動・大人気の社会派ブログを書きながら、人生ふたつめの働き方を実践中だといいます。以前ブログを読んだとき、辛口な人だなぁって思ったけ…

ウケたい対象は異性と上司がダントツなのかも『ウケる技術』

笑いの参考書 『ウケる技術』この本は、日常の会話の中でいかに自分の要求を通すか。しかも『笑い』を含めながら、良好な人間関係を築きながら自分の欲求を叶えるにはどうしたらいいか。そんなことが大真面目に書かれている本です。「バカか?本気か?」と本…

上橋菜穂子作『獣の奏者ⅠⅡ』を読み終わりしばらく放心してます

感動作に出会えるというのは幸せなことですね 以前記事にも書いた『獣の奏者Ⅱ王獣編』をついに読み終わりました。 全部で4巻までのお話だと思っていたら、このⅡ王獣編で一度完結していました。www.kacoblog.com 著者の上橋菜穂子さんの中では、 完全に『獣の…

上橋菜穂子作『獣の奏者』Ⅱを読んでます。アナ雪のエルサも登場して。。

『精霊の守り人』の著者上橋菜穂子 この本の著者上橋菜穂子さんは、 『精霊の守り人』というお話を書いた人です。 みなさん『精霊の守り人』を知っていますか? 綾瀬はるかさん主演の大河ファンタジードラマとして、 NHKで長く放送していましたね。 私はこの…

『あなたの話はなぜ通じないのか』ブログ脳にも使えると思いました!

ブログと小論文は通じる 著者山田ズーニー氏は、進研ゼミの小論文編集長として、 高校生の膨大な量の小論文を読んで研究し、 小論文メソッドというものを開発したそうです。 小論文を書いたり日常の会話のなかで、 人とより通じ合う話し方の技法を紹介してく…

やったことない人たちの言葉で夢をあきらめないで!『空想教室』読みました

植松努という男 この本の著者植松努という人は、 北海道で『株式会社植松電機』の代表取締役社長をしている。 植松電機は、リサイクルの時に使う大きいマグネットを作っている会社です。 その工場で植松務社長はロケットを作っています。 小さいころからの夢…

大学入試改革がやってくる!現役高校司書の講習会に行ってきた

教育の現場では、図書館での授業が増えている 先日、現役高校司書の先生の講習会に参加してきました。 2020年にやってくる大学入試改革で、 講師の先生の高校では受け身の授業から参加型の授業を増やし、 図書館での授業を増やしているそうです。 インプット…